スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再度、病院です

昨日、雪ちゃんはまた病院へ行きました。

午前中の雪ちゃんは、いつもと変わらずとっても元気でした。
窓際

そして夕方、雪ちゃんのブラッシングをしながら後ろ足の肉球の色を確認。
色はそんなに悪くなく安心したんだけど、触ってみると・・・・冷たい。
冷たいということは血が通いにくくなっているということ。

そのまま急いで病院へ行きました。
改めて、病院が近くて本当に助かる~~!

診察の結果、肉球の色は今までの中で1番良いピンク色なのに、後ろ足の脈は感じられませんでした・・・。
先生に何かできることはないか聞いてみたんだけど、今の雪ちゃんは食欲旺盛で元気もあって機嫌もいいので、とりあえず投薬で様子を見ることになりました。

私としてはもっと何かして欲しかったんだけど、以前の発作時に使った注射や点滴は、血が止まらなくなるようなとても強い薬なので、今回はそこまでする必要はないとの判断でした。

でもワルファリンの処方量を今までより2割増しで出してもらい、今日から新たな処方でも投薬を始めました。
この病気は、経過観察が何よりも重要なんだなぁ・・・と再確認。
凄く元気に見えても、血栓はいきなりやって来るようです。。。

実際、昨日も雪ちゃんはグンタにじゃれかかっていたほど元気☆
じゃれる

グンタはせっかく日向ぼっこをしていたのに、雪ちゃんがじゃれてきて迷惑そうにしていたけど。
ごろん

食欲は旺盛すぎるほど旺盛で、台所で物音がするたびに何度もダッシュで走ってきていたほど。
ご飯の時間も、他の子のご飯を横取りしようとしていました。
やっぱり食欲や元気さだけで判断はせず、肉球の血色や体温の確認は重要です!!

そして昨日は、病院の待合室で大先輩の猫さんに会いました。

以前、雪ちゃんの心筋症が発覚したばかりの頃に獣医さんに

 「うちの病院では、心筋症の最長生存記録は2年です」 

と言われたんだけど、その2年間闘病を続けている猫さんに会ってしまいました。^^

最初は、待合室でお互いに白猫を連れているということで飼い主さんと話しをしていたんだけど、その方の猫は投薬を嫌がるので、毎日のように注射をしているとのこと。
今回は腫瘍ができてしまったので、手術できるかどうかのチェックに来ているということでした。

その時はその白猫ちゃんが心筋症とは知らず、お互いに命に関わる病気で大変だなぁ・・くらいにしか思いませんでした。
そして、同じく待合室に居た猫連れ夫婦が

『うちのはスコティッシュっていう洋猫らしいんだけどねぇ、お腹に虫ばっかりわかして手間がかかって困るんだよねぇ。
前に飼ってた猫なんて、10歳くらいまで病院に連れていくことなんてなかったのに!
こんなに大変なら貰ってくるんじゃなかったよ。』


と待合室で待っている飼い主さん全員に向かって言い始めて、それを聞いた私たちは

 『元気なだけでも贅沢な話なのに、何言ってんだろうね・・・』

と辟易。
お腹の虫くらい、文句言わずにちゃんと駆除してあげてよ・・・。
それにスコティッシュ・フォールドは心筋症が多い猫だから、気をつけてあげて欲しい。

その後、雪ちゃんの番が来て診察室に入ったんだけど、先生に

 『今、大先輩に会ったでしょ?^^』

と言われました。
その、腫瘍ができた白猫ちゃんこそが、2年間も頑張っている心筋症の大先輩でした☆
現在も記録更新中です。

でも、投薬すると本当に嫌がって口から泡を吹くので、毎日ぺパリン(雪ちゃんが血栓症のときに点滴で使った薬)の注射を打っているそうです。
この子は生まれつき瞼がなかったそうで、それも手術で形成したんだそう。
凄~~~い!!
さすがは大先輩です。

雪ちゃんも頑張ろう。

先生曰く、心筋症で雪ちゃんほど機嫌のいい猫は居ないそうです。
どの子もみんな不機嫌で、先生も治療しているというよりは “虐待” している気分になるからイヤなんだそうです。^^;

でも雪ちゃんはいつもご機嫌で、病院でも前足フミフミをしているほど。
先生も

『この子は闘病中であることには変わりないんだけど、他の猫のご飯を横取りしようとするほど食欲があって、走れるほどの元気もあって、悲壮感がないからいいよね。
でも、こんなに楽しそうに生きているからこそ、飼い主さんも辛いと思うけど・・・』


と言ってくれました。
やっぱり、この先生は大好きです。

雪ちゃんは若くて、元気でお茶目で悪戯っ子で、子猫のようにいつも楽しそうなんです。
猫生を心から楽しんでいるからこそ、こんなに若くして余命宣告されてしまった雪ちゃんを見ているのが辛いです。
もっと長生きさせてあげて、もっと楽しいことも経験してもらいたいです。
夏には、イギリスには居なかったセミも見せてあげたいです。
そんな飼い主の気持ちを分かってくれる獣医さんに巡り合えて、本当に良かった。
その一言で、救われたような気持ちになれました☆

帰宅後、雪ちゃんの血行を良くするために部屋の暖房温度を上げて25度をキープ。
ホットカーペットもスイッチオンで、オイルヒーターも付けました。
部屋の中がポカポカで雪ちゃんは嬉しかったようで、ホットカーペットの上で嬉しそうにゴロゴロしていました。^^
チロと


今日も部屋は25度キープで、皆にゃん気持ち良さそうにしてました☆
箱猫

グンタは、部屋が暖かいというのにオイルヒーターの前を陣取ってしまったので、仕方なく雪ちゃんは籠ベッドの中です(汗)。
2匹で

雪ちゃんの後ろ足の色は相変わらず悪くはなく、今日は肉球もほんのり暖か。^^
あまり活発さはなくて寝てばかりだったけど、相変わらず食欲は旺盛!
病院で測ったときは体重が4.8キロになっていたので、4.5キロくらいまで減量した方が良さそうです。

本当に嬉しそうにご飯を食べる雪ちゃんに減量というのは可哀想なんだけど、心臓の負担を減らすためには仕方ないかぁ。(>_<)
スポンサーサイト
プロフィール

日本カモシカ

Author:日本カモシカ
2009年12月に、イギリス産まれの猫3匹と共に 英国→日本 へと引っ越しました。
現在、実家の犬と同居中。
人間の娘ちゃんも一緒です♪



FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集



地震被災地在住の方のブログの更新が止まっていて心配な方は、コチラで確認してみると良いかもしれないです↓ 東日本地方大地震 ブログ管理者の安否情報



以下の情報の救援情報掲示板
●「犬・猫が行方不明」「迷子の犬・猫を保護した」などの捜索・保護情報
●「家屋が倒壊して避難しているので犬猫を一時預かって欲しい」などの救援要請

東北地震犬猫レスキュー.com





●Animal Finder

=過去ブログ=
●イギリスにゃんこ




“拍手”コメントを送っていただいた皆様、ありがとうございます☆ 
拍手コメントは鍵コメだと返事を返せないんですが、いつも有り難く読ませていただいてます。^^



現在の閲覧者数:



★たまちゃん里親募集中★ たまちゃん里親募集
甘えん坊で、穏やかおっとり♪
ノミダニなし・検便済み(異常なし)
 エイズ・白血病陰性
 2008/10/27去勢手術済み
 2009/2/25 3種混合ワクチン済
千葉県我孫子市からお届け可能な範囲にお住まいの方(公共交通機関を使って1時間半程度)、可愛いたまちゃんの家族になりませんか?






広島動物ネットワーク





同盟バナー猫中動

同居動物
★同居猫★
ターディス嬢
本名はパーディー。2005年7月27日にイギリスの猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2004年11月20日生まれの女の子。




★同居猫★

2006年7月8日にイギリスの猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2006年5月11日生まれの女の子。グンタの姉。
2010年1月12日、血栓症を起こして心筋症を発症。
闘病中です。





★同居猫★
グンタ
2006年7月8日に猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2006年5月11日生まれの男の子。雪の弟。




★同居シーズー犬★
チロ
両親の飼っているシーズー。
1年中毛刈りをされていて、どう見てもシーズー犬には見えない爺ちゃん犬。





★娘ちゃん★
子カモシカ
人間の子供。英国/日本を半分ずつ。2009年2月13日の金曜日、英国生まれの女の子。とにかく猫が好き♪
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。