スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経過です

雪ちゃんですが、少し回復傾向が見られました。

なので今日は動物病院で酸素室を貸し出してもらい、自宅に連れ帰りました。
酸素室の中

この機械にチューブが付いていて、雪ちゃんの入っている酸素室に酸素を送ります。
酸素室

心臓の状態は変わりないようなんだけど、今日1日酸素室の中に入っていたのと、半日かけてした点滴のおかげで鼻と耳はピンク色に戻りました。
たぶん今まで頑張って働いていた肺と心臓がラクになって、体内に酸素が回るようになったからだと思います。
お陰で、病院の酸素室の中では食事も少し食べてくれました!

ただし、この心筋症や血栓はとても怖くて、今回持ち直してもかなりの確率で2ヶ月以内くらいにまた再発して、その時は危ないケースが多いそうです。。。

酸素室ですが、獣医さんが車でうちまで運んでくださって、設置までしてくれました。
本当に感謝です!!

山口県岩国市にお住みの方で酸素室が必要な方は、私にブログのメールフォームにてご連絡してくだされば病院の詳細をお教えしますので気兼ねせずにどうぞ。

帰宅後は更に調子が戻って来て、どうしても酸素室の外に出たいというので出してあげたんですが、昨日よりも体の反応があり、尻尾も動いてブラッシングの催促を。^^
そしてなんと、ちゃんと自分で毛繕いができました!
毛繕い

私と子カモシカは昨日から1階に布団を敷いて、雪ちゃんと一緒に1階で寝ています。
昨夜は布団の上に上がろうともせずにうずくまっていたのに、今日は前足フミフミもできて、自分から子カモシカの横に行ってフミフミをしてくれました。
子カモシカ

猫たちみんなの食事の時間には、雪ちゃんもちゃんと食事場所の近くまでやってきて、少しだけだけど他の2匹と同時に自分のお皿からご飯も食べました。
今夜

ただ、やはり酸素室の中に入ってないと呼吸が苦しくなるらしく、すぐに鼻と耳の血色が失われ、呼吸も荒くなって辛そうです・・・。
そして横になって寝るのも辛いらしくて、座ったままウトウトする様子は痛々しいです。。。

でも病院に1匹で残さずに、酸素室を貸し出せてもらえて自宅に連れ帰れて本当に良かった!!!
環境の変化を嫌う猫族だから、どんなことがあっても自宅に連れて帰ってあげたかったので、それをこうして酸素室付きで実現できるなんて、本当に幸運でした。
これからどういう結果になろうとも、もしかしたら長くは一緒にいられないかもしれないけど、こうやって雪ちゃんの喉ゴロゴロを聞きながら、ブラッシングができるのが嬉しいです。

心筋症はとても判断の難しい病気だし、本当に大きな動脈が詰まるような血栓が出来てしまう前に気付き、少しでも早く治療を開始することが重要だそうです。
血栓の多くは後ろ足にできて、いきなり足を引きずって歩くのを見て飼い主さんが気付くケースがほとんどだそう。

雪ちゃんの場合、食欲廃絶の方が先だったので大きな血栓ができる前に治療を開始できたことに感謝です。
そして酸素室まで貸していただけて、適切な判断で見つかりにくい心筋症を見つけてくださった獣医さんに感謝。

これがイギリスだったら・・・
あのウスターの動物病院は大好きだったけど(そしてウスターで最も評判が良かった病院です)、知識や機材の充実などの面をみると日本の病院には勝てないです。

そして、たぶん心筋症も血栓も見つけてもらえなかったと思います。
触診以上なし、体温低め(=問題なし)、ということでお腹の調子が悪いんでしょう、という診断を受けていたと思います。

適切な治療もされず、ただ抗生物質だけを打ってもらって帰宅し、その後で大きな血栓で後ろ足が麻痺したら、きっとその時点ですぐに安楽死を薦められたと思います。
それに、酸素室を使ってもらえることも、ましてや自宅に貸し出してもらえることもなかったでしょう。。。

本当に、日本に居て良かったです。

心筋症の子は、長くは生きられないそうです。
体の中に爆弾を持っているようなもので、いつ発作が起きてしまうか分からない病気なので・・・。
でも雪ちゃんはここまで頑張ったんだから、頑張って復活して1日でも長く生きて欲しいです。
そして5月の誕生日を一緒にお祝いしたいです。

明日も朝から病院で、血栓を溶かすための半日がかりの点滴です。
3日間、心筋梗塞を起こさずに持ちこたえてくれれば、少し希望が持てるそうです。
プロフィール

日本カモシカ

Author:日本カモシカ
2009年12月に、イギリス産まれの猫3匹と共に 英国→日本 へと引っ越しました。
現在、実家の犬と同居中。
人間の娘ちゃんも一緒です♪



FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集



地震被災地在住の方のブログの更新が止まっていて心配な方は、コチラで確認してみると良いかもしれないです↓ 東日本地方大地震 ブログ管理者の安否情報



以下の情報の救援情報掲示板
●「犬・猫が行方不明」「迷子の犬・猫を保護した」などの捜索・保護情報
●「家屋が倒壊して避難しているので犬猫を一時預かって欲しい」などの救援要請

東北地震犬猫レスキュー.com





●Animal Finder

=過去ブログ=
●イギリスにゃんこ




“拍手”コメントを送っていただいた皆様、ありがとうございます☆ 
拍手コメントは鍵コメだと返事を返せないんですが、いつも有り難く読ませていただいてます。^^



現在の閲覧者数:



★たまちゃん里親募集中★ たまちゃん里親募集
甘えん坊で、穏やかおっとり♪
ノミダニなし・検便済み(異常なし)
 エイズ・白血病陰性
 2008/10/27去勢手術済み
 2009/2/25 3種混合ワクチン済
千葉県我孫子市からお届け可能な範囲にお住まいの方(公共交通機関を使って1時間半程度)、可愛いたまちゃんの家族になりませんか?






広島動物ネットワーク





同盟バナー猫中動

同居動物
★同居猫★
ターディス嬢
本名はパーディー。2005年7月27日にイギリスの猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2004年11月20日生まれの女の子。




★同居猫★

2006年7月8日にイギリスの猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2006年5月11日生まれの女の子。グンタの姉。
2010年1月12日、血栓症を起こして心筋症を発症。
闘病中です。





★同居猫★
グンタ
2006年7月8日に猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2006年5月11日生まれの男の子。雪の弟。




★同居シーズー犬★
チロ
両親の飼っているシーズー。
1年中毛刈りをされていて、どう見てもシーズー犬には見えない爺ちゃん犬。





★娘ちゃん★
子カモシカ
人間の子供。英国/日本を半分ずつ。2009年2月13日の金曜日、英国生まれの女の子。とにかく猫が好き♪
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。