スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからは通院のみ

昨日、病院での最後の点滴に行ってきました。
先生からは、血栓を起こしたばかりの時(通常は最初の3~4日間)は点滴が効果があるんだけど、雪ちゃんにとっては今回は血栓ができてから4日目の点滴になり、これ以上続けてもあまり成果は出ないと思うということを伝えられ、自宅での投薬治療に移ることになりました。

病院へ行く前の雪&グンタ。
昨日

グンタは、雪ちゃんの体の匂いが変わってしまったのでかなりストレスを感じていて
 
 “雪ちゃんが居るのに、居ない”

と思っていたようです。
雪ちゃんに近づいて行って頭をクンクンして、でも匂いが違うからシャーシャー言ってしまってます・・。
でも、このくらいの距離でなら一緒に居られるようになりました。^^

そしてこの2匹が見つめているのは、ターディス嬢と子カモシカ。
探す

ターディス嬢が物置の中に入ったので、それを覗きにいった子カモシカ。^^;

この後、可哀想だったけど最後の点滴だと思って雪ちゃんを病院に連れて行き、再び夕方6時過ぎに迎えに行きました。

雪ちゃんのこれまでの点滴の内容ですが、薬剤は へパリン という抗凝固薬を使いました。
それに加えて、心臓に良いタウリン、肺に水が溜まっていたので利尿剤、そして食事ができなかったので栄養剤を投入。
あと、病院に居る間は注射でも血栓用の薬を入れていました。
とにかく薬漬け・・・。

自宅で飲む薬は2種類。
1つは心臓の薬で、もう1つは血栓をできにくいようにする薬です。

最初に処方された血栓症の薬はアスピリン(※猫はアスピリンで中毒を起こすので、量に注意が必要)でした。
でも先生が改めて調べた結果、ワルファリン(ワーファリンとも言う)を使うことになりました。
アスピリンは、胃腸障害が出やすいなど問題があるのに治療成績はあまり良くないので・・・ということが理由だそうです。

アスピリンは血小板の力を弱める作用があるけど、ワルファリンは血液が固まらないようにするための薬、など作用の違いもあります。
ワルファリンの副作用としては、血が止まりにくいなど。

今の雪ちゃんは、肺の方は少しラクになったようで、呼吸もそんなに苦しそうではありません。
おしっこもちゃんと出ているし、昨夜は1週間ぶりにウンチも出ました☆
食欲もあって、昨日はターディス嬢の残したご飯を食べようとして、夜中にもご飯の催促があるほど。^^
だんだんといつもの調子に戻りつつあります。

でも・・・やっぱり脈は弱く、後ろ足の脈は左右ともあまり感じられなくなってしまいました。。。
でも足は冷たくなってはいないし、肉球の血色もそんなに悪くないので、たぶん血栓は詰まっているけど少し隙間があって、そこから足の方へ血液が流れて行っているようです。
肉球

心筋症と血栓があると知らずに雪ちゃんを見ると、普通の元気な猫に見えるほど、見た目は普通。
今まで前足に入っていた点滴用の針も昨日で抜いたので、雪ちゃんも嬉しそうです。
帰宅

そして今日は久々に1日中、家でゆっくりできます。

天気も良かったので、念願の日向ぼっこを♪
ひなた

ゴロンゴロンと転がって、お腹も出して嬉しそう。^^
ごろん

ただ、毛が異常なほど抜けます・・・。
床に寝転がると、寝返りを打つだけで床が毛だらけに。
点滴と薬の副作用なのかなぁ。。

食欲が出てきた雪ちゃんなので、1日1回服用する2種類の薬はなんなく食事に混ぜて飲ませることができてます。
もともと食べるのが好きだし、この調子で食欲が続いてくれるなら薬もストレスを感じずに飲めると思います。^^

そして今日は、久々にキャットタワーに上る元気も出てきました。
てっぺん

でも見ているこっちはヒヤヒヤ。
心臓が弱っているのに運動させていいのかしら。。。

その後は、1週間ぶりに2階へ自力で歩いて行って、ベランダで日向ぼっこをしました。
でも、いきなり倒れたらどうしようかと思うと、私も雪ちゃんから目が離せません(汗)。

一通り、家の中のチェックを済ますとまた1階に下りてきて、お腹だして日向ぼっこ。
おなか

こんな姿を見る限りは、本人はいたって元気で幸せそうです☆

でも、昼過ぎころから少し呼吸が苦しくなってきたのか、自分から酸素室の中に入って寝ていました。
やっぱり・・・本調子じゃないみたい。
酸素

血栓ができた子の予後なんですが、一般的には助かる確率は30%以下です。
その30%に入ったとして元気になっても、多くが数ヶ月~6ヶ月以内のうちに再発することが多いようです。
そして血栓症というのは心筋症の合併症なので、心臓の方も問題を抱えているので厄介です。。。
しかも、1度悪くなってしまった心臓は完治することはないので。

雪ちゃんは獣医さんの言った 「最初の3日間を乗り越える確率は50%」 を乗り越えることができました。
今度の目標は、これからの10日間です。

頑張れ、雪ちゃん!!
プロフィール

日本カモシカ

Author:日本カモシカ
2009年12月に、イギリス産まれの猫3匹と共に 英国→日本 へと引っ越しました。
現在、実家の犬と同居中。
人間の娘ちゃんも一緒です♪



FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集



地震被災地在住の方のブログの更新が止まっていて心配な方は、コチラで確認してみると良いかもしれないです↓ 東日本地方大地震 ブログ管理者の安否情報



以下の情報の救援情報掲示板
●「犬・猫が行方不明」「迷子の犬・猫を保護した」などの捜索・保護情報
●「家屋が倒壊して避難しているので犬猫を一時預かって欲しい」などの救援要請

東北地震犬猫レスキュー.com





●Animal Finder

=過去ブログ=
●イギリスにゃんこ




“拍手”コメントを送っていただいた皆様、ありがとうございます☆ 
拍手コメントは鍵コメだと返事を返せないんですが、いつも有り難く読ませていただいてます。^^



現在の閲覧者数:



★たまちゃん里親募集中★ たまちゃん里親募集
甘えん坊で、穏やかおっとり♪
ノミダニなし・検便済み(異常なし)
 エイズ・白血病陰性
 2008/10/27去勢手術済み
 2009/2/25 3種混合ワクチン済
千葉県我孫子市からお届け可能な範囲にお住まいの方(公共交通機関を使って1時間半程度)、可愛いたまちゃんの家族になりませんか?






広島動物ネットワーク





同盟バナー猫中動

同居動物
★同居猫★
ターディス嬢
本名はパーディー。2005年7月27日にイギリスの猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2004年11月20日生まれの女の子。




★同居猫★

2006年7月8日にイギリスの猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2006年5月11日生まれの女の子。グンタの姉。
2010年1月12日、血栓症を起こして心筋症を発症。
闘病中です。





★同居猫★
グンタ
2006年7月8日に猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2006年5月11日生まれの男の子。雪の弟。




★同居シーズー犬★
チロ
両親の飼っているシーズー。
1年中毛刈りをされていて、どう見てもシーズー犬には見えない爺ちゃん犬。





★娘ちゃん★
子カモシカ
人間の子供。英国/日本を半分ずつ。2009年2月13日の金曜日、英国生まれの女の子。とにかく猫が好き♪
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。