スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心筋症と血栓とビタミンK

毎日、たくさんの励ましの言葉を本当にありがとうございます。
心の余裕があまりなくて、返事ができなくてごめんなさい・・・。
今は1日1日が大切で、とりあえず日々の記録を残しておこうと思っています。

今日もなんとか無事に迎えることができました☆
朝

昨日は、雪ちゃんの経過報告も兼ねて獣医さんと話をしようと思っていたんだけど、やっぱり先生が雪ちゃんの様子も見たいというので連れて行きました。
改めて、動物病院が徒歩5分もかからない場所にあるのは本当に助かる~~。

今の雪ちゃんは、食欲はほぼ元通りに戻ってます。
ターディス嬢の残したご飯を食べようとして、自分のと、グンタ&ターディス嬢のご飯皿も綺麗に舐めて、今までの雪ちゃんと同じ行動。^^
しかも1日に2、3回ほど、全くふらつくこともなく2階へ歩いて上がって、キャットタワーの頂上まで登ったことを獣医さんに伝えるとビックリしていました。

食欲旺盛なのは嬉しいし、運動できるほど元気なのも嬉しいけど、心臓がかなり悪いというのに運動をして良いものなのか心配なんだけど、獣医さんもそれはよく分からないと言ってます。^^;
爪

獣医さんの教科書にも、血栓の子に安静が必要なのか? 運動すると余命を縮めるのか? なんてことは書いてないそうで・・。
普通、血栓の子は動くほどの元気がないものなので、教科書的には 「安静にすること」 なんて書く必要もないみたい(汗)。
この獣医さんも、血栓の子で雪ちゃんほど元気な子を見たのは初めてで 「逆に怖いなぁ・・・」 と言って首をかしげてます。

確かに、私も階段の上り下りをしている姿を見ていると、いきなり発作が起きてしまうんじゃないか? と思って怖いです。。。

先生とは雪ちゃんの食事についても話したんだけど、私は心臓病(腎臓病も兼ねている)の療法食をあげようと思っていることを先生に伝えました。
でも先生の考えは、とりあえず今は食事をキチンとすることの方が大事なので、いきなり食事を変えてストレスを与えるよりも好きなものを食べさせてあげて、食事についてはもう少ししてから考えよう、と言われました。

こんなに元気な雪ちゃんだけど、まだ肉球の色は元通りではなく脈も弱いので、危機を脱したとは言えないんだそうです・・・。
肉球の色が完全に元に戻れば、これから2ヶ月くらいは元気に暮らせるかもしれないので、療法食についてはその時に考えようということになりました。
心筋症の予後が悪いことは色々と調べて分かったんだけど、改めて現実を叩きつけられた気分です。。。

そしてこれはネットで調べたことなんだけど、若くして心筋症を発症する子は先天的、または遺伝的な要素を持っていたことが多いそうです。
怖いので、そのうちグンタも調べてもらいます。

遺伝的な心筋症を発症しやすいのはペルシャ、アメショ、スコティッシュフォールドやメインクーンなどの猫種。
それなのに、どうして雪ちゃんが・・・と思うと悔しいです。
こんなに可愛くて若い雪ちゃんが心筋症なんて、本当に腹の立つ話です。

でも、ただ何もせずにジッとしていることなんてできないので、雪ちゃんの食事はまだ大幅に変更はせずに、でも血液サラサラ効を期待してオメガ3系のオイルを足してあげようかと思ってます。

ただ、今は薬を飲んでいる雪ちゃんなので、サプリなどの服用には注意が必要!

こちらに拍手コメントでも頂いたんですが(ありがとうございます!!!)、雪ちゃんのように血栓の治療でワルファリンを飲んでいる子(猫も犬も人間も)は、ビタミンK の摂取に注意が必要です。
ビタミンKには ワルファリンの抗凝固効果を弱める作用 があるから。
ビタミンKを多く含む食材としては

 ◆納豆
 ◆クロレラ
 ◆緑黄色野菜(とくに緑の野菜)

 
などがあります。

雪ちゃんは納豆が嫌いだけど、弟のグンタは納豆大好き猫なので注意が必要。
念のために、グンタに納豆をあげるのをやめておくことにします。。。

こうやって3匹でまったりしている姿を見ると、雪ちゃんが病気だとは信じられません。
3匹

私自身は気持ちの余裕がなくなってしまったんだけど、そんな中でもターディス嬢は笑わせてくれてます。^^;

羊に囲まれて幸せそう☆
ひつじ

病院で借りてきた酸素室をいつまでここに置いておこうか迷うところなんだけど、怖いのでまだ返せていません(汗)。
雪ちゃんも、入口を少し開けておくと自分から中に入ることが多いし、獣医さんから 「とりあえず小康状態」 と言われるまではお守り代わりに借りておくかも。^^;
チロ

完全に元通りではない雪ちゃんの足だけど、こうやって耳の後ろを掻くこともできます☆
掻く

今、私が雪ちゃんにしてあげられることは何なんだろう・・・。
心筋症についてほとんど無知だったので、今は毎日、子カモシカが寝た後にネットに齧りつきで情報収集をしてます。
プロフィール

日本カモシカ

Author:日本カモシカ
2009年12月に、イギリス産まれの猫3匹と共に 英国→日本 へと引っ越しました。
現在、実家の犬と同居中。
人間の娘ちゃんも一緒です♪



FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集



地震被災地在住の方のブログの更新が止まっていて心配な方は、コチラで確認してみると良いかもしれないです↓ 東日本地方大地震 ブログ管理者の安否情報



以下の情報の救援情報掲示板
●「犬・猫が行方不明」「迷子の犬・猫を保護した」などの捜索・保護情報
●「家屋が倒壊して避難しているので犬猫を一時預かって欲しい」などの救援要請

東北地震犬猫レスキュー.com





●Animal Finder

=過去ブログ=
●イギリスにゃんこ




“拍手”コメントを送っていただいた皆様、ありがとうございます☆ 
拍手コメントは鍵コメだと返事を返せないんですが、いつも有り難く読ませていただいてます。^^



現在の閲覧者数:



★たまちゃん里親募集中★ たまちゃん里親募集
甘えん坊で、穏やかおっとり♪
ノミダニなし・検便済み(異常なし)
 エイズ・白血病陰性
 2008/10/27去勢手術済み
 2009/2/25 3種混合ワクチン済
千葉県我孫子市からお届け可能な範囲にお住まいの方(公共交通機関を使って1時間半程度)、可愛いたまちゃんの家族になりませんか?






広島動物ネットワーク





同盟バナー猫中動

同居動物
★同居猫★
ターディス嬢
本名はパーディー。2005年7月27日にイギリスの猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2004年11月20日生まれの女の子。




★同居猫★

2006年7月8日にイギリスの猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2006年5月11日生まれの女の子。グンタの姉。
2010年1月12日、血栓症を起こして心筋症を発症。
闘病中です。





★同居猫★
グンタ
2006年7月8日に猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2006年5月11日生まれの男の子。雪の弟。




★同居シーズー犬★
チロ
両親の飼っているシーズー。
1年中毛刈りをされていて、どう見てもシーズー犬には見えない爺ちゃん犬。





★娘ちゃん★
子カモシカ
人間の子供。英国/日本を半分ずつ。2009年2月13日の金曜日、英国生まれの女の子。とにかく猫が好き♪
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。