スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪ちゃんの経過

まだ関東~東北では余震が続いていますが、皆さん大丈夫でしょうか?
避難生活を送られている方々、踏ん張ってくださいね。
早く暖かくなってくれることを願います。
ペット連れで避難中の皆さん、避難所にペットを連れ込めないので大変な思いをされていると聞きました。
私にできることは情報収集することだけなんですが、少しでも多くの皆さんが早く落ち着いた生活を送れることを願ってます。

どうかどうか、皆さんお気をつけください。

北関東、とくに福島県の野菜に関するニュースを見るたびに、本当につらいです。
大切に育てた野菜を廃棄処分するだなんて・・・とにかくこれ以上、事態が悪化しないことを祈るばかりです。




そして1年近くもブログを放置してしまっていたので、ここで皆さんが1番気にされていると思う雪ちゃんの健康状態について書いておこうと思います。
今の雪ちゃんの状態は、心筋症の猫と暮らしている他の方たちの励みにもなると思うので。。。

日向3

血栓症発症~心筋症が発覚して生死の淵を彷徨った去年の1月から、すでに1年3ヶ月が経ちました。

去年に引き続き、今も20日に1度の病院通いは欠かせず、毎日 ワルファリン(抗血液凝固材) と ミロベクト(β1遮断剤ー心臓の薬) を服用しています。
最初に雪ちゃんを助けてくれた獣医さんにずっとお世話になりつつ、他の心筋症の猫ちゃんたちの様子も教えてもらっていました。
  ちなみにこの獣医さん、過労死しそうで心配です
  連休中も元旦までも(!) 『朝の8時に電話をくれれば診察するから』 と言ってくれました。


残念なことに、何匹か居た他の心筋症の猫ちゃんたちはみんな旅立ってしまい、それ以外に急患として運ばれてきた何匹かの血栓症の子たちのほとんど助からなかったそうです・・・。

頑張ってた子のうちの1匹は18歳の高齢猫で、薬を拒絶して飲んでくれないために ペパリン(血栓を溶かす薬で、通常は血栓症の治療に点滴で集中使用するパワフルな薬) を定期的に注射しながら2年以上も生きてくれてました。
 (心筋症の子にストレスは禁物なので、投薬のストレスも心配で無理強いも怖い・・・

最後はガンで旅立ってしまったんだけど、2年以上も生きてくれて最後も心臓病以外の病気で旅立ったというのは、心筋症猫と暮らす者にとっては心強いです☆

そして今は、この病院では雪ちゃんが唯一の生き残りです。
本当に奇跡です。
死亡率も、再発の可能性もとても高い血栓症だけど、最初の半年を生き抜くとその後何年か生きることができるという話は本当みたいです!

今まで1度も調子を崩すこともなく、今年の1月に1度だけ膀胱炎で血尿が出てしまった以外は大きな問題なしで、食欲旺盛&元気に駆け回ってます。
舐めて

雪ちゃんが膀胱炎で濃い血尿を出してビックリしたんだけど、獣医さん曰く

「たぶんワルファリンを飲んでいるから血が止まりにくくて、膀胱内での少しの炎症で出血してしまったんだろう」

ということでした。

少しの怪我でも出血が酷くなってしまうのがワルファリンの副作用で重篤なものなんだけど、血栓症の子には止血剤を使えないので(血が固まってしまうと血栓ができるから)、こういう時の治療には注意が必要。
でも、ワルファリンのお陰で雪ちゃんは生きているので、個人的にはこの副作用を考えてもワルファリンを使う価値はあると思う。

通常、血栓症の治療には血を “固まりにくくする” アスピリンが使用されることが多いんだけど、血が “固まらないようにする” ワルファリンは本当にパワフルだなぁ・・・というのが今までの雪ちゃんを見ていての正直な感想。

べろ

そして、もちろん心筋症にストレスは禁物なので、他の猫たちとの穏やかな時間も重要な薬だと思ってます。
お返し

日向

日向

雪ちゃんは相変わらずアレルギーの皮膚症状が酷くてお腹の毛が禿げているんだけど、心臓に負担がかかるので無闇にステロイドを使うわけにもいかず、どんな病気にかかっても負担の少ない薬で対処していくことになるので体調管理は重要!

抵抗力があまりないようで、耳の中で麹菌が大活動して黒くなったりしてるんですが、これも症状が酷いときに対処療法のみ。
あまり強い薬は使えません。(>_<)

でも、雪ちゃんは幸せに穏やかに生活できているようなので、この状態を1日でも長く維持できたら良いなぁと思ってます。

今回の地震で強く思ったのは、雪ちゃんみたいな子に避難生活は無理だし、薬の流通が止まってしまったり療法食が入手できなくなったら生きていけないだろうなぁ・・・ということ。
動物に関わらず、持病のある方や薬を服用されている方にとっても本当に今の状態は不安だと思います。
1日も早く、皆さんが普通の日常に戻れることを願います。

普通の幸せ、平凡な日常を送れるということは、とても幸せなことだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

雪ちゃんの様子を教えてくださってありがとうございます。
横浜在ですが、それでも日々しんどいです。猫さんや子カモシカ嬢のフォトには心なごみます。
(我が家も多頭飼育で、障害持もおります)
被災地の動物救援がボツボツと始まっているようなので、猫友たちとできることを考えているところです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>鍵コメちゃん
ありがと~~!!
私もずっとひっそりしててゴメンね。
そう・・・雪ちゃんは心筋症になっちゃったの。
でも今は元気だし、薬さえ飲んでれば日常生活は普通に遅れるようになってきたよ!^^
原発問題ね・・・本当に腹立たしいよね。
海外報道は、実は日本よりも早かったりするんだよね。
海の放射能濃度が通常の1000倍くらいになっちゃったニュースも、20時間前くらいにイギリスBBCのニュースに出てたし、なんで日本では報道しないのか凄く不思議だったよ。
地震直後から、ニュースの内容は津波被害じゃなく原発に関してのことばっかりだったし、やっぱりかなり重大事故なんだと思う、海外から見ると。
あげくの果てに、日本が海外支援を断っているから 「日本は海外支援なんて必要のないプライドの高い国」 みたいに言われてるし、ホントに腹が立っちゃうよ。
これが民主党じゃなかったら、少しは状況が違ったのかなぁ・・・。
ホントに、早くなんとかしてほしい。
とうとう放射能許容量を引き下げる、なんてことも言い出してるし、何のための安全基準なのかわからないよね・・・(怒)。

そうそう鍵コメちゃんのとこのリンクから、亡くなった方のブログを見てみたの。
にゃんたちを助けようとして・・・って本当に悲しくて涙が出てくるよ。
しかもうちと同じ3匹だし。
言葉を失っちゃったよ。。。

地震前の普通で平凡な生活に戻りたいね。
鍵コメちゃんのところも余震があると思うけど気をつけてね!

NO TITLE

>あんとつんさん
横浜なんですね!
そちらもまだまだ余震がたくさんありますよね。
本当に心が休まる時がないんじゃないかと思います・・・。
水や野菜の心配もあるし、停電もあるし、いろんなものが品薄になっているし。。。
障害持ち猫との生活だと、今の状態は更に不安なことだと思います。
多頭飼いでの避難も難しいですもんね。。
西日本で、何不自由なく今まで通りの生活を送れていることが本当に幸せなことなんだと、肝に銘じようと思ってます。

猫友さんたちと何かされるようで、ヘルプが必要な時はご一報ください。
応援できることは応援します!!
大変だと思いますが、お体ご自愛ください。
プロフィール

日本カモシカ

Author:日本カモシカ
2009年12月に、イギリス産まれの猫3匹と共に 英国→日本 へと引っ越しました。
現在、実家の犬と同居中。
人間の娘ちゃんも一緒です♪



FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集



地震被災地在住の方のブログの更新が止まっていて心配な方は、コチラで確認してみると良いかもしれないです↓ 東日本地方大地震 ブログ管理者の安否情報



以下の情報の救援情報掲示板
●「犬・猫が行方不明」「迷子の犬・猫を保護した」などの捜索・保護情報
●「家屋が倒壊して避難しているので犬猫を一時預かって欲しい」などの救援要請

東北地震犬猫レスキュー.com





●Animal Finder

=過去ブログ=
●イギリスにゃんこ




“拍手”コメントを送っていただいた皆様、ありがとうございます☆ 
拍手コメントは鍵コメだと返事を返せないんですが、いつも有り難く読ませていただいてます。^^



現在の閲覧者数:



★たまちゃん里親募集中★ たまちゃん里親募集
甘えん坊で、穏やかおっとり♪
ノミダニなし・検便済み(異常なし)
 エイズ・白血病陰性
 2008/10/27去勢手術済み
 2009/2/25 3種混合ワクチン済
千葉県我孫子市からお届け可能な範囲にお住まいの方(公共交通機関を使って1時間半程度)、可愛いたまちゃんの家族になりませんか?






広島動物ネットワーク





同盟バナー猫中動

同居動物
★同居猫★
ターディス嬢
本名はパーディー。2005年7月27日にイギリスの猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2004年11月20日生まれの女の子。




★同居猫★

2006年7月8日にイギリスの猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2006年5月11日生まれの女の子。グンタの姉。
2010年1月12日、血栓症を起こして心筋症を発症。
闘病中です。





★同居猫★
グンタ
2006年7月8日に猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2006年5月11日生まれの男の子。雪の弟。




★同居シーズー犬★
チロ
両親の飼っているシーズー。
1年中毛刈りをされていて、どう見てもシーズー犬には見えない爺ちゃん犬。





★娘ちゃん★
子カモシカ
人間の子供。英国/日本を半分ずつ。2009年2月13日の金曜日、英国生まれの女の子。とにかく猫が好き♪
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。