スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの花

イギリスでは、数年間ほど胡蝶蘭を育てていました。
大きなものじゃなく、小さい鉢に入った高さ25cmくらいの小さなものでしたが。^^;

猫たちにユリの花は猛毒だし、他にも食べると危険な植物はたくさんあるし、安全かつ長持ちする植物は・・・と考えたときに思いついたのが胡蝶蘭でした。

猫にも安全♪
しかも胡蝶蘭は1度花が咲くと上手に手入れをしていけば数ヶ月間は花が咲き続けて、上手くいけば1年間ずっと花を見ることができるし、水も毎日やる必要はないのでズボラな私には最適(笑)。

日本でもまた胡蝶蘭が欲しいなぁ、と思っていたんですが、日本での値段を見てビックリ仰天!
高い~~~!!
しかもなんだかとってもゴージャスにアレンジされてて、どうも私の趣味じゃないなぁ・・・と(笑)。

数千円単位のものなんて怖くて手が出せず、しばらく買わずに(買えずに かも・・・笑)いたんだけど、先日やっと1000円以下で見つけました、小さな胡蝶蘭を。
胡蝶蘭


グンタの背丈と比べると、こんな感じのサイズです☆
胡蝶蘭

これでお値段は750円♪
これなら買えるわ(笑)。

本当は黄色系の花が良かったんだけど、パープル好きな子カモシカのチョイスでこの色になってしまいました。^^;
アップ


皆にゃんのお気に入りの窓辺に置いているので、猫たちに頑張って花を守ってもらいましょう♪
    子カモシカが花をむしりそうなので(笑)。
グン


そして、最近は人恋しいらしいターディス嬢は、毎日のように私の膝に乗ってきます。
当時生後10ヶ月だったターディス嬢を家族として受け入れることにした時に、その時の一時預かりさんに言われたことを今でも覚えているんだけど、確かこんな事を言ってました。

   『本当にこの子でいいんですか?
    膝に乗るような猫にはならないと思いますよ!』


あれから数年たち、最初は引き篭もり猫だった彼女も(今も不思議ちゃんであることには変わりないけど)立派な膝乗り&喉ゴロゴロ猫になり、うちで唯一抱っこさせてくれる子になりました~。

そして今日も私の膝に乗ってくつろいでいたんですが、そこに雪ちゃんがやって来た為にターディス嬢の表情が一変(笑)。
       怒り


        『シャ~~~~ッ


という声をあげて怒り狂ってました。^^;

でも雪ちゃんは全く気にせず。
雪ちゃんは私の膝に乗る気もなかったんですが、ターディス嬢の怒りは収まらず機嫌を損なわれて去っていかれました。^^;

『私は何もしてないんだけどねぇ

雪

みんなの機嫌を取るのは大変です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

猫とお花と・・・・我が家では共存が難しくて、お節句などしか
生花は飾ってないんです。きのうはカーネーションを飾りました。
これって猫に毒性はないですかね。葉っぱは皆で試食なさったようです。

さて、きのうデモに参加してきました。
思いのほか若い方、特に女性が多く、展望を感じました。
(かの山路氏はなかなかかっこいい方でした。うん。)

現地のほうは、玉木議員のツイッターなど見ると、救出の方向へ
動き出しているようです。これが1月前なら・・・とは思いますが、
ここまで来たのも草の根ボラさんたちのレスキューが先行していたからこそ。
5月3日から例の本部に、民間ネットワーク(みなしごさんの名前もありました)が加わった
かたちになっているそうです。

それにしてもすでに大きな犠牲を払いました。
昨日の供養の読経は大きな意味がありました。

No title

>あんとつんさん
お返事が遅れてすいません!
うちの猫たち、植物には手を出さないんですよ。
食べ物は、どんなに上手に隠していても引きだしなどに仕舞わない限りは見つけられてしまいますが(笑)。
カーネーションは大丈夫だと思います。
有毒だと聞いたことはないので。
ユリ科、ツツジ科、球根のできるもの、アマリリスやヒガンバナのように、人間にも毒になるようなものは、猫にも危なかったはずです。
私の場合、確実に安全と分かっているもの以外は家に置かないようにしてます。^^;

やっぱりデモに参加されたんですね!!
私も参加したかったです・・・。
子供がこんなに小さくなくて、せめて広島あたりだったら参加したんですが。。。
山路さんたちの様子は他のブログなどで目にしました。
猫の耳を付けてましたよね(笑)。

現地の方ですが、情報が飛び交っていてどれが正しい情報なのか分かりかねる状態だと思うんですが、良い方向には進んでいるようですよね。^^

ただ・・・政府が発表しようとしてこなかった放射能被害がどんどん明らかになってきているので心配です。
とうとう原発周辺住民15万人の、今後30年間の健康被害の追跡調査をすることになったそうで・・・。
うちの地域は被爆者手帳を持っている人は多く、長期的な健康被害の出ている人もまだいらっしゃるんですが、放射能は本当に怖いです。
福島がは、追跡調査をしなければならないほどの危険な状態だったのなら、どうして早く避難させてくれなかったのか・・・。
人体実験をされたようで腹立たしい限りです。
今後もっと、健康被害が拡大するかもしれません。
プロフィール

日本カモシカ

Author:日本カモシカ
2009年12月に、イギリス産まれの猫3匹と共に 英国→日本 へと引っ越しました。
現在、実家の犬と同居中。
人間の娘ちゃんも一緒です♪



FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集



地震被災地在住の方のブログの更新が止まっていて心配な方は、コチラで確認してみると良いかもしれないです↓ 東日本地方大地震 ブログ管理者の安否情報



以下の情報の救援情報掲示板
●「犬・猫が行方不明」「迷子の犬・猫を保護した」などの捜索・保護情報
●「家屋が倒壊して避難しているので犬猫を一時預かって欲しい」などの救援要請

東北地震犬猫レスキュー.com





●Animal Finder

=過去ブログ=
●イギリスにゃんこ




“拍手”コメントを送っていただいた皆様、ありがとうございます☆ 
拍手コメントは鍵コメだと返事を返せないんですが、いつも有り難く読ませていただいてます。^^



現在の閲覧者数:



★たまちゃん里親募集中★ たまちゃん里親募集
甘えん坊で、穏やかおっとり♪
ノミダニなし・検便済み(異常なし)
 エイズ・白血病陰性
 2008/10/27去勢手術済み
 2009/2/25 3種混合ワクチン済
千葉県我孫子市からお届け可能な範囲にお住まいの方(公共交通機関を使って1時間半程度)、可愛いたまちゃんの家族になりませんか?






広島動物ネットワーク





同盟バナー猫中動

同居動物
★同居猫★
ターディス嬢
本名はパーディー。2005年7月27日にイギリスの猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2004年11月20日生まれの女の子。




★同居猫★

2006年7月8日にイギリスの猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2006年5月11日生まれの女の子。グンタの姉。
2010年1月12日、血栓症を起こして心筋症を発症。
闘病中です。





★同居猫★
グンタ
2006年7月8日に猫保護団体CATS PROTECTIONからやって来ました。2006年5月11日生まれの男の子。雪の弟。




★同居シーズー犬★
チロ
両親の飼っているシーズー。
1年中毛刈りをされていて、どう見てもシーズー犬には見えない爺ちゃん犬。





★娘ちゃん★
子カモシカ
人間の子供。英国/日本を半分ずつ。2009年2月13日の金曜日、英国生まれの女の子。とにかく猫が好き♪
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。